COPPER HOUSE(銅板の家)/part 1・・・趣味を楽しむための家


御主人の趣味のための空間(GARAGE)を半地下に、奥さんの趣味のための空間を季節に応じて全開放できるステージとして中2階に・・・将来のメンテナンス費用を省くための銅板で包まれ、思考・趣味がそのまま「形」になったような住まい。・・・こんな空間でOFF/TIMEを過ごせたら!・・・

U邸外観

                      ~20年後~
加賀谷邸 20年後

DATA
建築場所/   横浜市
構 造 /     木造2階建(外壁・屋根(銅板))
家族構成/   夫婦+子供3人
敷地面積/   221.00㎡(66.85坪)
延べ面積/   132.30㎡(40.02坪) + 車庫 29.81㎡(9.01坪)
主 要 望/
1.趣味を楽しむ:1Fは車庫から親の離れ和室にリフォーム、ハウス・ガーデニング。
2.メンテナンス費用のかからない。  
3.ペット(犬、リスザル)・インテリアコート。

加賀谷邸 中2階階段082

加賀谷邸 新  103

加賀谷邸十字 099


U邸イラスト

~エントランスのイメージ~

ブロンズの家part2 スケッチ2

~スキップフロアーのイメージ・立面・断面~

CIMG1355.jpg

DSC06729c.jpg

DSC06699cd.jpg
サンルーム内部
DSC06698cd.jpg

coppere-cottage-logo.jpg
奥様手書きのイラスト
CIMG1358a.jpg

theme : 住宅・不動産
genre : ライフ

【連載】銅の魅力(第1回)

■銅板の外壁利用■
~経年変化や20年以降も趣きを楽しめる住まいがあっても~
銅は自然素材のひとつとして、石・ガラス・ステンレス・アルミ等の恒久の質感はないが、経年変化(色の移り変わり)・加工性(柔らかく自由自在)・耐久性(フリーメンテナンス)・居住性(通気に優れ冬暖かく夏涼しい)等、古くから寺院・数寄屋等の屋根材としての実績は周知の通りです。
時代はフレキシビリティーに富む樹脂系材前提の外断熱・外通気の喧噪の中、風土の条件や趣味・嗜好があるにしても”呼吸する住まい”として体に優しく、竣工時の植栽でいずれ家が緑に包まれ、大地に住まいがなじむ頃、銅板の最終段階である”うぐいす色の緑青(ろくしょう)”を生活経年とあわせて楽しめる。・・・そんな住まいがあっても・・・と思うのですが!

都内の銅葺建物例

山手の家 Ⅰ ~モチの木に囲まれた家~

S邸外観

視線を遮るためのモチの木に囲まれた恵まれた敷地に、将来夫婦2人だけの生活を楽しむためのオープンな「住まいづくり」。

DATA
建築場所 / 横浜市
構 造 / RC造2階建 
家族構成 / 4人 (夫婦+子供2人)
敷地面積 / 931.22㎡(279坪)
延べ面積 / 216.31㎡(65坪)+ 車庫39.69㎡
主 要 望 /
1.面積は既存と同じくらい で共有空間は開放的に。
2.道路側からの視線を遮る。
3.RC造・・・地震対応・将来対応(内部空間の増改築考慮)
  
FLOOR-1
S邸FLOOR-1


FLOOR-2
S邸FLOOR-2


山王の家 ~光の筒のある家~

山王の家外観

2世帯住宅というより多世帯同居型住宅?(1階に母・姉世帯、2階に弟家族)・・・内外部に開放できる光筒が風・音・気配を感じさせ、家族関係を程よい距離感で結ぶ。・・・「そんな雰囲気の住まい」


DATA
建築場所/ 東京都
構 造/ 木造2階
家族構成/ 6人・1階:2人、2階:4人
敷地面積/ 224.00㎡(68坪)
延べ面積/ 210.95㎡(64坪)
主 要 望/
1. バリアフリー対応(各階)
2. 2世帯住宅(水平区画)・姉弟
3. 1階の日照確保(南道路で狭いため)。
4. 内部空間は開放的に各階は気配を感じるように。
5.ホームステイも考慮。
6.1階クローズキッチン(メンテ上)。
7.介護対応:浴室・トイレ・洗面の一体化と広さの確保。

FLOOR-1
K邸1F


FLOOR-2
K邸2F


ブロンズの家/part 2

SH-IK邸外観

施主要望の耐用年数を考え外壁は銅板、床材にはチークのムク材、階段ホールにはコルク材、壁は漆喰、スギ竪羽目板等、自然素材を使用。施主のお父さんが大工さんで、一人で黙々と仕上げた家・・・

DATA
建築場所 / 横浜市
構 造 /  木造2階(外壁,屋根(銅板))
家族構成 /  1階:親世帯 ・2階:当面:2人(将来4人)
敷地面積 / 166.99㎡(50坪)
延べ面積 / 159.40㎡(48坪)
主 要 望 /
1.2世帯住宅(水平区画)
2.1階の日照確保
3.2階は当面の間はゆったりと利用
4.50年の耐用年数を
5.年輪と味わい 

1F
SH-IK邸1F図面.jpg


2F  2Fのリビングは当面広い空間で利用、いずれ子供の成長とともに間仕切りを考える(1部屋or2
部屋)・・・
SH-IK邸2F図面


【連載】銅の魅力(第2回)

■耐久性・経済性■
耐久性ついての実績は周知のとおりで、寺院・歴史的建造物などで証明されていますので、ここでは省きます。
さて、経済性については、フリーメンテナンス材に共通することですが、外装材として高価なものです。屋根材・樹脂系の吹付材・塗装材や他の金属等は、劣化や汚れ等のメンテナンスが≒10年/回、費用として規模、劣化状況によっても異なりますが、200~300万/回(2~3万/月)かかり、耐用年数を50年と考えると4~5/回必要となります。
銅板は確かに高価なものですが、それでも50坪の住まいで一般材料との差額は100万前後です。 ”手入れして住む” ということも ”豊かさ” として大切なことですが、その費用を省くことが出来たら・・・違った 豊かさを見つけることができるかも?・・・と考えるのですが!

山手の家・Ⅱ

M邸梅の木

施主が大事にされていた、時期になるとたくさんの大きな梅を実らせる梅の木・・・この木を中心に計画が始まり、2階のリビングから見えるお寺の境内の見事な桜、庭の家庭菜園で収穫するさまざまな野菜、季節を感じる「住まいづくり」・・・

DATA
建築場所 /   横浜市
構  造 /    混構造(RC+木造)3階建
家族構成 /   3人
敷地面積 /   216.60㎡(65.52坪)
延べ面積 /   135.18㎡(40.89坪) +  車庫 12.63㎡(3.82坪)
主 要 望 /
1.趣味:夫婦での山歩き。
   :家庭菜園・ガーデニング・・・スペースの確保
2.採光・・・近隣建物が3階建で、かつ敷地の幅がないため。
3.3階建て希望(光)・・・3階からの集光。・・・エレベーター。
4.自然素材の利用・・・自然志向。
5.既存の梅の木を生かす(なんこう梅)

CIC壁式工法の要点

■CIC壁式工法の特徴■
1.鉄筋コンクリート並の耐震、耐火、耐久性を有する。
2.断熱性が高く、省エネ。
3.施工が簡便で小回りが効く。Cパネルの重量は5kg/平方mと軽く、切断加工も容易。
4.一般の人でもかなりの部分を建設できる。
5.ローコスト、短工期(基礎工事を除き、構造体工事1階当たり2週間)
6.型枠不要で木材を浪費しない。
7.曲面の壁や不整形の開口も容易にできるフリーデザイン(自由寸法)

喜多見の家 ~CIC壁式構造で高気密・高断熱の家~

TT邸外観

”CIC壁式工法”とは・・・
断熱がコンクリートに包まれている(中断熱)のイメージで、自然環境・健康・耐久性・経済性を考慮したもので、長崎のハウステンボス・他で利用されている工法。・・・興味のある方はご連絡ください。

DATA
建築場所/ 東京都
構  造/ Cパネル(RC造)3階
家族構成/ 1階:母親・2~3階3人(夫婦+子供1人)
敷地面積/ 188.23㎡(56.93坪)
延べ面積/ 199.80㎡(60.43坪)
主 要 望/
1.2世帯住宅(お母さん1Fで)3階建て希望
2.RC造(ご主人の職業より)
3.計画は家相士と相談
4.和ダンス3竿以上(置場検討)

プロフィール

(有)設計工房TOGAWA

Author:(有)設計工房TOGAWA
一級建築士事務所
代表取締役 外川悦孝

夢膨らむ要望の数々と現実!そんな条件のもとで”安心して永く住める家” ”歳月と共に味わい深くなる家” ”季節感・自然の恩恵を感じられる家” ”生活感・趣味嗜好を表現できる家”これらの要素が程よくブレンドされた生活演出の為のステージを一緒に考えてみませんか!   

■保有資格■
一級建築士
耐震診断士(RC,S造
住宅性能評価評価員
住宅性能保障制度検査員
住宅瑕疵担保責任保険現場検査員
応急危険度判定士

■所属団体■
神奈川建築士会

〒220-0011 横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル507
TEL:045-441-1048
FAX:045-441-1249
sekkei.koubou-togawa @nifty.com


MAP

お問合せは下記のメールフォームからお願い致します。....

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
読者登録
ブログ内検索
RSSフィード
リンク